コントロールカラーを使いベースから透明感を出し、トラブルを回避!

どんなトラブルを、何色でカバーできるのか分からない。

コントロールカラーアイテムは気になるけど、使い方が分からない。

そんな悩める初心者さんに分かりやすく説明します。

コントロールカラーって何??

コントロールカラーとは、ファンデーションだけでは隠し切れない部分的なトラブルや顔全体のトーンアップなどに使用し、肌の色味調整やトラブルカバーをする時に使用する化粧品です。

ベースメイクの際に、コントロールカラーを使って前段階からトラブルを回避し、綺麗な素肌へと導いてくれる画期的なアイテムです。

ですが、使用するコントロールカラーのカラーによって効果や隠せる色が違ってくるので購入する前にコントロールカラーについての知識を少しでも知っておくことがポイントです。

どういったトラブルを何色で回避できるの?

コントロールカラーには色によって回避できるトラブルが違ってきます

自分のトラブルを見極めて、使用する色を判断しましょう

グリーン

グリーン、緑色系のコントロールカラーには、ニキビやニキビ跡、特に赤みが強くなっているトラブルに使用することをおすすめします。

小鼻や黄色っぽいくすみにもカバー力を発揮してくれるので使用可能です。

イエロー

イエロー、黄色系のコントロールカラーには、うっすら赤くなっている部分の赤み消し、そばかすやシミの補正、肌の色ムラを補正したい時などに使用すると綺麗にカバーすることができます。

イエローのコントロールカラーを使うことによって、肌本来の色味を引き出してくれるので健康的な印象に仕上がります。

ブルー

ブルー、青色系のコントロールカラーには、くすみ消しや透明感を引き出したい時に使用することをおすすめします。

また、黄色っぽい色のくすみが出ている方にはブルーのコントロールカラーを使用して、肌のくすみ整えると綺麗にカバーできるのでおすすめです。

しかし、色白の人がブルー系のコントロールカラーを使用すると青白くなってしまう傾向にあるので注意して使用するようにしてください。

パープル・ラベンダー

パープルやラベンダー、紫色系のコントロールカラーには、ブルー系のコントロールカラーとは違って、顔全体の透明感をアップさせてくれる効果があります。

部分的に明るくしたいと思う部分があれば、紫系のコントロールカラーを使って、部分的にトーンアップを促すことも可能です。

このように、コントロールカラーのカラー次第で隠せるトラブルやトーンアップ方法など様々なことが違ってきます

しっかりと自分で判断し、見極めてから使用しましょう。

たくさんのコスメの中から厳選してご紹介☆

たくさんのコスメの中から厳選した3点をご紹介します!

WHOMEE コントロールカラーベース

1つ目にご紹介するのは、【WHOMEE コントロールカラーベース】です。

ピンク、ブルー、イエロー、パープル4色展開で、価格は1本1800円です。

伸びがとても良いです!

ですので使用する量は少なめで十分使用できます。

足りないかな?と思う方は少しずつ調整して使用していくことをおすすめします。

peripera インクコレクター

2つ目にご紹介するのが、【peripera インクコレクター】です。

ピーチ(ピンク)、ミント(グリーン)、ラベンダー、レモン(イエロー)とこちらも4色展開で、価格は1本1296円です。

さらっとした感じのテクスチャーで、スポンジを使って伸ばしていくととても伸びが良いです。

少し付けすぎると白くなりすぎてしまうので、少しずつ顔にぽんぽんと乗せていき、調節して使用していくことをおすすめします。

ETUDE HOUSE フィックス&フィックス トーンアッププライマー

3つ目、最後にご紹介するのが、【ETUDE HOUSE フィックス&フィックス トーンアッププライマー】です。

ローズ(ピンク)、ミント(グリーン)、ラベンダー3色展開で、価格は1本1458円です。

薄くさらっとしており伸びやすいのが特徴です。

伸びがとても良いのでコスパが良いというのも人気のひとつになっています。

この記事の執筆者

mizuki
美容やコスメ、ダイエットなどを
メインに執筆しております。
ご参考になると嬉しいです♪

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする