着物には草履と下駄どちらがいいの?TPOにあわせた着物に合う履物の話

着物を着て外へでかけましょう。

着物を着たら何を履きますか?

草履 下駄 雪駄 草鞋?

いろいろな和装の履物がありますが草履が一番頭に浮かびますよね。

ですが「下駄」と思った方もいると思います。

着物を着たら下駄っていつはいたらいいのでしょうか?

草履と下駄の違いってなんでしょう?

草履と下駄ってそもそも何が違うのでしょうか?

草履

草履は下駄よりも格が上とされています。

草履の足を乗せるところの台の形はほとんど同じですが、踵(かかと)の高さが高い草履ほどフォーマルに適しています。

現在の草履の素材のほとんどは、芯はコルク。表面は牛皮や合皮で作られています。

草履を履く際には必ず足袋を付けて履きます

裸足で履いてはいけません。

下駄

下駄はフォーマルでは使用できません。

カジュアルな時に楽しむ履物です。

下駄は歩く際に音が出るものがあります。

カランコロンと音が響くので、カジュアルシーンでも静かな場所に行く時などには選ばないほうが良いです。

下駄の形は豊富にあり、おしゃれです。

下駄の素材は木です。

主に桐などから作られます。

下駄底に金具を付けたり、下駄の形を工夫して音を楽しんだり、形を楽しんだりします。

下駄は基本的には足袋を履いては着ますが、浴衣の時は裸足で履いても大丈夫です。

着物に合わせて履物にもTPOがある

下駄はカジュアル向きとお話ししました。

フォーマル時にカランコロンと音を立てていかない様にしましょう。

草履はフォーマルもカジュアルも使用できるとお伝えしましたが、そこでもTPOに合った形があります。

格の高い草履選び

台の色

淡い色(白や薄く色の付いた草履)はフォーマル向きです。

どんな着物にも合うので、カジュアルな場所にも合いますが品が良いのでかしこまった感じです。

台のツヤ感

光沢を抑えたマット感のほうが、品を装います。

どんな着物にもよく合います。

落ち着いた雰囲気です。

鼻緒の色

品よくキリっと引き締める場所では淡い色や柄の鼻緒を選びます。

おとなしい雰囲気になります。

格を下げた草履選び

台の色

足物に濃い色が生えると存在感があり、引き立ちます。

存在感がありすぎて重すぎることもあります。

フォーマル時の着物の際は避けたほうが良いです。

台のツヤ感

エナメル調の草履はオシャレでカジュアル感が高いです。

個性的に活用するなら黒などの濃いめの色を選ぶと良いです。

鼻緒の色

鼻緒には色も柄も豊富にあり、また付け替えもできます。

着物の裾からちらりと見える鼻緒でセンスをアピールできます。

カジュアル時だからこそ遊び心が出せるポイントです。

着物に下駄はだめなの?

下駄はフォーマルの時には不向きですが、カジュアルに履きこなすものとしてはうってつけの履物です。

現在で言うサンダルやツッカケのイメージで活用できます。

音が大きくなるので近所を歩くと気づかれてしまいそうですが(笑)

下駄はその形も種類があります。

舟形

横から見ると船のような形なのでこの名が付きました。

草履のような形でもあり、歩きやすく、安定しています。

音はしないので少しかしこまった場所でも履くことが可能です。

右近

横から見ると土踏まずのあたりが下からくりぬかれた形になっています。

高さがなく、上からみると小判型になっていて、着地面積が広いためサンダル感覚で履けます。

音もせず、歩きやすいです。

芳町

江戸時代から戦前まであった花街、東京日本橋・芳町の芸者さんが履いていたという由来からこの名前が付いたそうです。

女性用の二枚歯の下駄の基本形です。

足の指のあたりの底裏に金具がついていて、歩くと音を鳴らします。

少し歩きやすさは落ちますが、素足に赤い鼻緒で歩くとかっこいいです。

粋で涼やかさが映えます。

下駄中の下駄。

千両

横から見ると指の先側から足裏の半分までいかないあたりにかけて斜めになった下駄。

千両役者さんが好んで履いていたことが由来だそうです。

鼻緒止めに金具がついているので歩くと音がします。

前にのめりこむような姿勢になるところが通には人気のようです。

少し歩くのに不安定です。

下駄の素材は木ですが、表面の加工にもおしゃれの工夫があります。

塗り

塗りは下駄に漆を塗ります

木目を生かした「捌き(さばき)」と刷毛(はけ)の跡を残した「はけ目」などの種類があります。

汚れが目立たず、水捌けも良いです。

白木

白木の芳町下駄

下駄の素材をそのまま生かしたものです。

もっとも一般的な下駄です。

汗を良く吸ってくれます。

足が下駄から滑りづらいです。

足の跡が付きやすいのも特徴です。

足袋を履いて後付け・汚れ防止をしましょう。

焼き

下駄を火に炙り焼きにした後、ニカワの混ざった塗料で見飽き挙げた下駄です。

自然な風合いです。

汚れが目立たず、湿気を含まない特徴があります。

鎌倉彫り

下駄に文様を彫って漆を塗り重ねます。

それ以外の所に刀痕を残した彫り物をして仕上げた下駄です。

履くほどに風合いが変わり時間がたっても楽しめます

桜張り

秋田県の伝統工芸の手法で、丁寧に剥いだ山桜の樹皮を下駄の台に張り付け、見飽き挙げた下駄です。

独特の技法が美しい光沢を出し、きれいな下駄に仕上げます。

桜の皮の風合いを楽しめます。

下駄の底はすり減ります。

下駄の歯はすり減って履きつぶすものです。

つぶれていく歯の形が千両から右近へと、履き心地の変化を味わいの一つと考えています。

舞妓さんや花魁が履くぽっくりも下駄の仲間

かわいいです。

草履や下駄の履き方歩き方

草履・下駄の履き方

①履物のサイズは靴のサイズと同じか近いサイズが良いです。

②履物の台に対して足はやや斜めに配置されるので、小指がはみ出る形になります。

指の根元まで鼻緒を入れず、指でつまむ感じに履くのが正しいとされます。

踵(かかと)は台から2㎝くらいはみ出して履くことで、裾を踏む事故防止になり、歩きやすいです。

草履・下駄での歩き方

草履や下駄で歩くときは靴を履いているときのような歩き方は足に負担がかかります。

靴を履いて歩くときは、つま先で踏み切り、かかと着地をします。

足も上下に大きく動かしています。

草履や下駄でこの歩き方をすると、鼻緒の部分に歩く時の重みが負担になります。

草履や下駄は靴と違い、踵(かかと)や足の甲に引っかかりが無いため、反動の力も鼻緒の部分に加わります。

そのため鼻緒が当たる部分が痛い思いをするのです。

痛い思いをすると下駄や草履を履きたくない気持ちになりますね。

草履や下駄で歩く時は、地面を擦る様感じで、ほんの少しだけ草履や下駄の着地部を宙に浮かせるような気持ちで、地面と平行に足を動かしてみてください

少し姿勢を良くする感じです

つま先もかかとも同じ高さで動かします。

靴の時のような上下運動はしないように心がけましょう

草履と下駄どちらも着物に合う!TPOにあわせて履物を選ぼう(まとめ)

フォーマルな場所ではシックな色の草履を選びましょう。

踵(かかと)が高いほど格調は高く、礼式時は金糸銀糸を始めシックなものが良いです。

踵が低めのエナメル調なものはカジュアル楽しみます。

下駄はフォーマルに使用しないことが良いです。

下駄には形や素材が豊富にあり、カジュアルに着こなす幅があります

下駄は音が鳴るものがあるため近所の様子も考慮しましょう。

着物を着た際の足さばきは靴を履いているときと一緒にせず、足の裏ごと歩くように動かすことで、鼻緒にかかる体重の負担が軽減し、痛みを感じにくくなります。

正しい歩行で時と場所をわきまえて下駄や草履を楽しみましょう。

この記事の執筆者

名前:なちゅめ

私は着物の時は草履を履いています。最近は、草履の底もコルクのままで売っていてそれがとてもオシャレで気に入っています。

お値段のお話はしませんでしたが、某靴屋のシューズを買うより安いものを狙って買います。夏は下駄を履こうかなw

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする