大阪難波で美味しい鰻を食べるなら「縄寿司」がオススメ!

鰻はお店によって美味しさに当たりはずれがあります。

そのため、どうせ食べるなら本当に美味しいうなぎを食べたいですよね。

そこで、今回は大阪難波にある「縄寿司」で見つけた「うなぎ御膳」が本当に美味しかったので紹介したいと思います。

本当に美味しい鰻を食べるなら「縄寿司」がおすすめ!

縄寿司は南海難波駅、地下鉄難波駅、近鉄難波駅、全てからアクセスが近い高島屋の中に入っているお寿司屋さんで、お昼でも大繁盛しています。

2010年にオープンし、今でもその人気は高く店内がガラガラの日はそう多くありません。

お値段はやや高めですが、味は保証できる一級品のお寿司が美味しく食べられるお店です。

席数は全部で40席あるので、待ち時間も比較的少ないです。

テーブル席とカウンター席に分かれています。

カウンターでがの目の前で板前さんがその場でお寿司やお造りを作ります。

その姿を見る場合は、2、3人での来店ならカウンター席がおすすめです。

4人以上になるとテーブル席の方が、のれんで半個室として有意義な時間を楽しめるのでそちらがおすすめでしょう。

お寿司以外にもドリンクに日本酒や焼酎、ワインなども用意されているので、お酒を楽しむ事もできます。

一度食べると忘れられない味!「うなぎ御膳」

さて、そんな縄寿司の一番のおすすめメニューは「うなぎ御膳」です。

うなぎは当たりはずれの差が大きく、美味しいお店で食べないと骨が気になったり、味が濃いすぎたりと嫌な気分を味わいやすい料理です。

しかし縄寿司では本当に美味しいうなぎを食べる事ができます。

うなぎ御膳として出されるメニューは、大きなカゴに入ったうなぎ丼と薬味、みそ汁、出汁、そしてお漬物です。

名古屋で有名なひつまぶしのように、三度に分けてうなぎを楽しむようになっており、一度目はうなぎをそのままで、二度目は薬味も足して、三度目は出汁をかけて召し上がる形でどうぞ、とご案内されますが、個人的には四度に分けて食べる事をおすすめします。

三度目までは店員さんの案内通り食べ、最後に一番自分が美味しいと思う食べ方でお口を幸せいっぱいにする作戦です。

ちなみにお漬物も上品な味で、うなぎと一緒に食べてみると美味しかったです。

ボリューム満点で男性でも大満足!!

骨の残りや味の濃さは心配無用、本当に美味しいうなぎを食す事ができます。

白ご飯にもたれがしっかりかかっているので、白ご飯だけで何杯でもいけてしまいそうな美味しいたれがかかっています。

ひつまぶしのような食べ方ができるうなぎ御膳ですが、実はこのうなぎ御膳は通常メニューのままで「一人半前」と、大ボリュームで提供されているのです。

見てわかるように、うなぎが三枚乗っています。

ボリューム満点で男性でも大満足できる量ですが、とても美味しいので女性でもペロリと完食できてしまいます。

ただ女性だとこのうなぎ御膳一つでお腹いっぱいになるので、他のメニューの追加はおすすめしません。

男性であれば握り寿司を数個くらいは食べられるかと思いますが、思っているよりボリュームがあるため追加のご注文はうなぎ御膳を食べ終わってからがおすすめです。

「縄寿司」には他にも魚のメニューがたくさん!!

縄寿司では名古屋のひつまぶしも顔負けな、一級品のうなぎ御膳を美味しく食べる事ができます。

ボリュームも多く、セットでついてくるお漬物が上品な味で、全部をトータルしても花丸100点をつけられる大満足できるメニューです。

しかしそれ以外にも美味しいメニューはたくさんあります。

基本はお寿司が美味しいお店なので、お造りや握り寿司も美味しいですよ。

板前さんがお寿司を握っている姿を見るだけでも楽しめる空間なので、デートや特別な記念日に利用するのがおすすめかもしれません。

板前さんが目の前でふるまってくれるお寿司を食べるには、回転寿司屋さんではなかなか難しいです。

しかし店内は高級感が溢れすぎず、気軽に入っていけるような雰囲気で店員さんも愛想よく、気楽に話しかける事ができます。

ぜひ難波に立ち寄った際は、縄寿司を利用してみてください。

この記事の執筆者

名前:jcdyx331
自己紹介:毎日、仕事、仕事の日々です。
そのため休みの日になると外食したり海外旅行に出かけています。
好きな国は韓国です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする