「令和」だからこそ読みたい!万葉集のおススメ「恋の歌」

平成が終わり、新しい「令和」がいよいよ始まりますね。

「令和」は初めて日本の古書「万葉集」から因まれたそうですが、万葉集と言えば和歌ですよね。

色々な和歌があるのですが、やはり女子が興味をそそられるのは「恋の歌」

今回は、万葉の世界を背景に、おすすめの恋の歌を3つご紹介します。

あなたに会いたくて…「額田王」

万葉集に収められている和歌で、この人を外すことはできません。「額田王」です。

どのような人だったかを簡単にご紹介しますね。

額田王(ぬかたのおおきみ・生没年不詳)。飛鳥時代日本皇族歌人天武天皇の妃と言われているが、一説では采女巫女であったとも言われている。

「言われている」が多い事でお分かりのように、殆ど歴史的資料がないんです

日本書紀の一文に「天皇(天武天皇のこと)、初め鏡王(かがみのおおきみ)の娘、額田王をめして、十市皇女(とをちのひめみこ)を生しませり。」とあるのみ。

それなのに、万葉集の代表する歌人に挙げられているんですよね。

恐らく、絶世の美女であったとか、最初天武天皇の妃であったけど、その後天智天皇(天武天皇の兄にあたります)に嫁した、と言うエピソードに事欠かないのが理由の一つかもしれません。

とは言うものの、残っている詠んだ歌も優れたものばかり。

有名なのは冒頭の句「茜さす…」で有名な、「前夫」天武天皇との相聞歌だと思いますが、ここでは割愛です。

私のおススメは万葉集4巻・488番目に収められている「額田王(ぬかたのおほきみ)の近江天皇(あふみすめらみこと)を思(しの)ひて作れる歌一首」と言う詞書があるこの歌です。

君待つとわが恋ひをればわが屋戸(やど)のすだれ動かし秋の風吹く

訳:あなたの事をを待って恋しく思っていたら、秋風が吹いて簾を動かしていました。あなたか来たのかと思ったのですが…

当時の結婚スタイルは「妻問婚」で、夫が妻のもとに「通う」上に、一夫多妻制。

旦那様は毎日そばにいるわけではないんです。

なので、会いたいな、と思って待っていても来ない…そんなことを考えていたら、秋風が簾を動かし、あなたが来たのか?とぬか喜びをしてしまう。

現代の恋愛にも似たようなものがありますよね。

絶世の美女、才女と言われた額田王が残した、何となく共感できる、可愛らしい歌だと思いませんか?

二度と会えない愛しい人へ…「大伯皇女」

万葉集で有名な人、となると、柿本人麻呂や山上憶良など、枚挙がないですが、名だたる有名人を尻目に、あえて私がおススメするのは「大伯皇女(おおくのひめみこ)」です。

「恋の歌」と言う括りには、もしかしたら賛否両論があるかもしれません。

でも敢えて、私は大伯皇女の句は「恋の歌」であったと考えています。

少しマイナーですが、彼女の残した歌は一度意味を知ると心の奥を抉られるというか、なんとも悲しく同情にも似た気持ちになります。

では、またどのような人だったかをご紹介しますね!

大伯皇女(おおくのひめみこ、661年2月12日 -702年1月29日)は、飛鳥時代の皇族。天武天皇の皇女。大来皇女とも書く。母は天智天皇皇女の大田皇女(持統天皇の同母姉にあたる)で、同母弟に大津皇子がいる。伊勢斎宮。
天武天皇の皇女として生を受け、何一つ不自由ない人生を保証されていたはずなのに、彼女の不幸は、幼くして母(大田皇女)が薨去してから始まります。
母を失った寂しさを支えたのは2歳年下の弟、聡明で快活と伝えられている大津皇子だったのかも知れません。
14歳で伊勢の斎宮になり、弟と離れた生活を強いられるのですが、ある日突然弟が超お忍びで姉を訪ねてきます。
男子禁制の宮に会いに行くなんて大胆ですが、実はこの時大津皇子は謀反の疑いを掛けられていたのです。
最後にお姉さんに会いたかったんでしょうね…
巷の噂を、世俗から離れた生活をしていた大伯皇女の耳にも入っていたのか、女性ならではの直感だったのかわからないですが…

万葉集2巻・105・106番目に収められている、「大津皇子、竊(ひそか)に伊勢の神宮かむみやに下くだりて、上のぼり来る時に、大伯皇女(おほくのひめみこ)の作らす歌二首」という詞書がある2首を読むと、大伯皇女は二度と会えないことを分かっていたんだ…という事が読み取れます。

我が背子を大和へ遣るとさ夜更けて暁あかとき露に我が立ち濡れし
訳:愛しい人を、大和へやって(帰って)しまうのを見送っていたら、夜も更け、明け方の露(つゆ)に濡れて立ち尽くしていました
二人ゆけど行き過ぎかたき秋山をいかにか君が独り越ゆらむ
訳:二人で超えようとしても困難な秋の山を、君はどうやって一人で超えたのだろう
上の句にある「背子」と言う人称ですが、夫・兄弟に使うという意見と、恋人や夫に使うという意見に分かれるのですが、私は後者と捉えています。
勿論同母の姉弟なので、恋人同士であったはずはないのですが、大伯皇女はかなり恋愛感情に近い想いを弟に寄せていたのではないでしょうか。
次の句の秋山は実際の山と、死出の道を掛けていると読み取れます。
事実大津皇子は、この後一か月もたたずに処刑されてしまいます。
その後大伯皇女は斎宮の任を解かれ、大和に戻ってきます。
元斎宮と言えども罪人の姉という気の毒な立場の中、結婚することもなく15年後にこの世を去るのです。
15年の間、どのように暮らしていたのか、史実は残っていません。
本来恵まれた立場であったはずの彼女が、弟を想い、暮らした15年は短かったのか長かったのか…
心情的には、少しでも何か救いのあった15年であって欲しいと思います。
今から1000年以上も前のお話ですが、恋についての女性の気持ちは今でもあまり変わらないですよね。
奥の深い万葉集、またいろいろ読んでみようと思います!
この記事の執筆者

ゆうこ
毎日東京で、仕事に追われる生活です。
でも、お休みにはリフレッシュを兼ねて、たまにお出かけすることにしています。
基本出不精の私ですが、やっぱりメリハリは大切ですよね☆

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする