着物の種類は豊富!洋装に負けないTPO別着物の選び方

着物って縁遠いものと思っておりませんか?

着物の魅力を少しでもお届けしたいと思います。

洋装に負けない着物の種類

結婚式のお呼ばれや、お祝いの場の出席時に着物で出席出来たらって思っても、結局、着易いドレスが一番と思い、フォーマルやカジュアルでも着慣れたドレスを選んでしまう。

でも、きちんと着物が着られたらいいなあと思うこともあります。

着物は洋装に負けないくらい、その種類は豊富で、何を着たらいいのかと迷ってしまうのも事実です。

そこで、着物の種類とどんな時にどんな着物を着ればいいのかお伝えしようと思います。

格式別になっている着物の種類の紹介

着物は、格式別に分類されています。

改まった席に似つかない着物を着ては、マナー違反と見られてしまいます。

ここでは、格式の高い順から着物の種類を紹介したいと思います。

女性の着物で一番格式の高い着物は、「黒留袖」です。

次に、「色留袖」「訪問着」「色無地」「江戸小紋」「付け下げ」「小紋」「紬」「木綿」「ウール」「浴衣」の順に格付けされています。

TPO別着物選び フォーマル編

では、どの時にどんな着物を選べばよいのでしょうか?

留袖

「留袖」は、既婚女性の第一礼装とされています。

結婚式の時、新郎新婦の母親や、仲人さんが着ているのを見ていると思います。
結婚式や披露宴のみに使用される礼装で、5つ紋を入れ、肩の所には柄は無く、裾に華やかな刺繍や絵柄が施してあります。

昔は出席する既婚女性は皆着ていたように思いますが、最近では、親族での黒留袖は見かけなくなりました。

黒地に金糸などを使った絵柄がきれいです。

結婚式時に持っていなくても、最近は挙式場でレンタル出来るので、親御さんも安心ですね。

色留袖

「色留袖」は、未婚者・既婚者どちらも着られる礼装です。

黒留袖と同じ格式とされています。

黒留袖の黒に対し清楚な色付けされた生地に、華やかな柄が裾にあるものです。

こちらは、親族の結婚式や主賓の装いの着物になります。

着物は、「黒留袖」「色留袖」が格式の一番高いものとして位置づけられています。

ちなみに、未婚者の一番格式高い着物は、「振袖」になります。

訪問着

次に、「訪問着」になります。

訪問着は、肩から裾にかけて柄の入った華やかな着物です。

未婚・既婚問わず選べます

結婚式や披露宴、接待やパーティーに着用できます。

留袖などは、結婚式にしか着用できませんが、訪問着は、いろいろな場面に対応できます。

色無地

「色無地」は、黒色以外で一色に染め上げた着物で、多彩にあります。

色無地の色や地紋によって、慶弔を使い分けることが出来ます。

「訪問着」と「色無地」は、準礼装に分けられます。

江戸小紋

次に「江戸小紋」です。

珍しい江戸小紋の訪問着

江戸小紋は、格下の「小紋」とは別格に扱われています。

遠目には無地に見えますが、よく見ると細かな文様柄があるのが特徴です。

細かければ更に格が上がり、鮫・行儀・各通しという柄は、江戸小紋の中で最も格上と言われます。

鮫小紋柄

江戸時代に武士の裃(かみしも)に用いられた技法を着物生地にしたものです。

未婚・既婚問わず使用できる着物です。

一つ紋を入れることで、準礼装になりますが、小紋としてカジュアルに着ることもできます。

付け下げ

「付け下げ」

小紋柄風味の付け下げ

訪問着の染を略式したもので、訪問着のような、肩から裾にかけての華やかな柄ではなく、柄のすべてが上向きになっているという特徴があります。

フォーマルドレスとして、和装を選ぶとしたら、「訪問着」「色無地」「江戸小紋」 「付け下げ」を選び、柄や紋の数を確認すと、良いと思います。

TPO別着物選び カジュアル編

小紋

「小紋」は、おしゃれ着感覚で、着こなせる着物です。

幾何学模様の小紋

着物に決まりごとがないので、好みの柄を着こなせるアイテムです。

柄によって、ショッピング、観劇、目上の方への訪問やお茶会などに適応できます。

「紬」は、

風合いある紬

絹糸から作成されたのではなく、真綿やくず繭からの紬糸で作られた着物です。

触り心地が糸のつなぎ目を感じられる風合いになっています。

つなぎ目がデコボコ風味の感触

大島紬や琉球紬など地方性や技法によって紬の中でも種類・格付けがあります。
着心地が良く、街着・遊び着・旅行の時に着られることが多い着物です。

歌舞伎や観劇に対応できます。

格式あるパーティーやフォーマルな場所には不向きな着物です。

木綿

「木綿」は、

単衣(夏用)の木綿の着物

普段着として着られているポピュラーな着物です。

自宅で洗濯ができます。

街着やちょっとしたお出かけ時に着こなせる着物です。

落語や美術館巡りに対応できますが、観劇などフォーマルな着物ではありません。

ウール

「ウール」は、

羽織とアンサンブルのウールの着物

普段着のように、着易い着物です。

自宅で洗濯が出来ます。

落語や美術館巡りに対応できますが、観劇などフォーマルな着物ではありません。

浴衣

「浴衣」は、

夏用の絽の半襟一緒に着ると単衣の着物として格が上がります。

襦袢を着ることなく着られる夏の着物です。

浴衣は夏祭りや夏のちょっとした外出着に良いです。

カジュアルな着物を選ぶなら、着心地や洗濯もできる「木綿」「ウール」「浴衣」

おしゃれな街着として「紬」「小紋」などがよいでしょう。

格式にこだわらない着こなし技をしよう

着物には格差があるとお伝えしましたが、吉祥柄の着物や格式ある帯を使用することで、

小紋でもフォーマルになることが出来ます。

例えば、着物の柄を落ち着いた柄にして、帯は格調を上げる金糸や豪華な柄等であれば着物をワンランクUPさせることが出来ます。

半幅やあっさりした染の帯だとカジュアルな装いになります

金糸などが施された袋帯を使用すると、フォーマルでも使用できます。

着物の色や柄に合わせ、帯の柄や装飾のコーディネイトで品格を作り上げることが出来ます。

高い着物ではなくても、帯や小物でフォーマルからカジュアルまで着こなせることも出来るので、是非、着物に興味を持っていただきたいと思います。

この記事の執筆者

名前:なちゅめ
自己紹介:着物好きの主婦です(おほほ)。

着物が着たいとずっと思っていました。

着物が着れるようになったので、ちょっとずつお伝えしてゆきます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする