着物の必需品紹介!!着物のオシャレは隠れたところ?下着と襦袢編

着物や帯だけあれば着物が着られる訳ではないのです。
着物に欠かせない必需品の中で今回は着物の下着や襦袢についてご紹介いたします。

1着物に隠れた下着の話

1ショーツのこと

着物を着る時、ショーツは履いてはダメという話を聞いたことがありますか?
昔は「腰巻」と言ってパンティなどの履くスタイルではなく、体に巻く下着がありました。
中にはこだわりで古いスタイルを守っている方もいらっしゃると思いますが、現在着物を着ている方の大半はショーツ系の下着をつけていると思います。

2ブラジャーのこと

ではブラジャーはと言いますと、着物には「和装用のブラジャー」というものがあります。

着物を着る時はこちらをお勧めします。
洋装ブラジャー(市販なもの)でもいいんじゃないの?と思うことでしょう。
洋装ブラジャーと和装ブラジャー違いは、立体に見せるか否か、です
洋装ブラジャーは、胸の大きさが強調され、女性らしい体のラインを作ることが特徴です。
和装ブラジャー胸の膨らみをなるだけ抑え、着物のラインを奇麗に見せてゆくようになっています。

洋装ブラジャーで着物を着ると中にはパットなどで着物が体と浮いてしまう原因になります。
和装ブラジャーがない場合は、「晒(さらし)などで胸を巻いて平らにする。」
ということもしますが、今は「晒」自体が各家に無い時代ですよね。
スポーツブラは、ワイヤーやパットが入っていないので和装ブラジャーの代用になります。




@着物を着る時は、胸膨らみを抑える工夫をしましょう。
襟の浮きなどが抑えられて、おしゃれに着こなせます。

3肌襦袢のこと

「肌襦袢」は、ブラジャーなどの上に着る着物の下着です。
着物のように襟がなく、Tシャツの前が開いたような形です。
前を縛る紐などは無く、重ね合わせでとどめます。
汗を取り、着物を汚さない役目もあります。
肌に一番近く触れるものなので、綿100%の素材を選びましょう。
@着物を着る際に襟から肌襦袢が出ないように襟繰りの後ろは深く下げています。
私の場合は、同様の形で着物に影響がないタンクトップ・Tシャツなども代用しています。
冬はババシャツのような温かい下着も欠かさず代用品としています。

4裾よけのこと

ショーツの上に巻く着物の下着を「裾よけ」といいます。
汗を吸収するためのほか、襦袢を汗から守る・裾裁きを楽にする効果があります。
@私はショーツの上直に「裾よけ」だけでは不安なところもあるので、足の冷え防止も兼ねてスパッツや股引等を一緒に着用しています。

私はこの上から和装ブラを付けて更に汗の汚れ防止をします。

2着物に隠れた襦袢の話

襦袢とは肌襦袢・裾よけの上、着物の下に着る襟のついたものです。
「長襦袢」「二部式襦袢」「半襟つき半襦袢」「うそつき襦袢」と種類があります。

「長襦袢」

最もポピュラーで、着物と同じ形に上から下まで繋がっています。
時期により衣替えを行う場合があり、袷(あわせ)の頃は正絹など。
単衣(ひとえ)の頃は絹や麻などを選ぶと通気性や保温性が良いです。
ポリエステルは通年使用できますが、発汗性に欠けますので、ステテコで補うのも良いです。

長襦袢は上から下まで柄があり、まさに隠れたオシャレ!!

「二部式襦袢」

「半襟つき半襦袢」「裾よけ」がセットになったものです。
袖が身ごろにきちんとついています。
既製品として売られています。
M・Lサイズ等のサイズがあります。
お洗濯しやすい素材で作られているので安心です。

慣れない方でも形よく着られてお手入れも簡単!!

「半襟つき半襦袢」

肌襦袢に袖がレースの筒袖になっているものです。
裾よけと一緒に着用します。

「うそつき襦袢」

「二部式襦袢」の上と同じ形に見えますが、袖の部分が胴部分とセパレートになっており、はたから見ると通常の襦袢に見えるところから「うそつき」の名前がついたようです。
着物の袖の大きさや格に合わせて付け替えが出来ます。
胴の部分は半襦袢と同じ絹等で出来ているので、袖を外してお洗濯などのお手入れも簡単にできます。

3襦袢の隠れたテクニック

私は「二部式襦袢」をよく使います。
着物屋さんからは、「長襦袢」を誂えてもらったのですが、着慣れない頃は襟がうまく形になりませんでした。
二部式襦袢」はブラウスやシャツを着るように上半身だけで襟の位置を安定させるのに楽です。

慣れた方だと、肌襦袢や「半襟つき半襦袢」なども着ずに、つけ袖を直接着物の袖に着けて街を行くという荒業も聞きました。
着こなしのテクニックは下着の段階から奥が深かったです。

4気持ちよさがオシャレにつながる

肌着を気持ちよく着こなすことで着物がきれいに着られます。
オシャレに着物が着られるようになりたいなあと思います。
襦袢のお話もまだまだ続きますので、次回もお楽しみください。

この記事の執筆者

なちゅめ
こんにちは。なちゅと申します。
好きなことを書かせていただいております。
どうぞ よろしくお願いします

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする