「イースター」でなぜうさぎ?限定販売マストバイのお菓子はこれ!

そろそろ春ですね。春と言えばイースター。最近では日本でも定着しつつあります。

イースタと言えば、イースターエッグとうさぎ。

今回は、「復活祭」とも呼ばれるイースターの由来や、シンボルのうさぎや卵について詳しく解説していきます。

イースターっていつ?何?と言う素朴な疑問を解決!

そもそも、イースターってなんでしょうか?

イースターとは処刑されたイエス・キリストが3日後に奇跡を起こして復活したしたことをお祝いする日のことを言い、日本語では「復活祭」と呼ばれています。

そして、「2019年」のイースターは、4月21日(日)です。

え?なんで「2019年」?と思った方も多いのでは?

実はイースターは毎年日にちが変わる、ちょっと変わった祝日なのです。
もう少し詳しく説明すると、イースターは春分の日を起点に、満月になった日から最初に迎える日曜日なんですね。

キリストが復活したのが日曜日だから、なのですが、この日にちを割り出すのは少々面倒くさいので、とにかく春に行われるイベントってことです!

イースターでうさぎさんや卵がシンボルになっている理由

イースターと言えば、何となくしか知らない人も「イースターエッグ」と言われれば、耳にしたことがあるのでは?

イースターエッグとは、イエス・キリストが復活した事を記念して、卵に絵や色を塗ったものを指します。

なぜ卵?なのかというと、「生命の誕生」のシンボルとされてきたからなんですね。

そして、イースターエッグと並んで欠かせないものと言えばうさぎさん。

はて?イースターがキリストが復活した事をお祝いする日という事は分かりましたが、うさぎさんは復活とどういう関係があると思いますか?

うさぎはとても多産な動物で、常にたくさんの子供を産みます。

つまり、うさぎは命のシンボルなのです。

一方で、イースターの由来となる春の女神エオストレの使いがうさぎ(春のシンボル)であることから、とも言われています。

いずれにしても、キリストの復活を祝い、生命の誕生を春の訪れをお祝いすることから、うさぎさんと卵がシンボルになっているんでしょうね!

イースター限定のお菓子を買うならこれ!

イースターになると、ヨーロッパのお菓子屋さんは、チョコレートのウサギ、卵、めんどり、そして鐘の形をしたチョコレートを用意します。
イースターの日は、家の中や庭にこうしたお菓子を隠し、子供たちがそれらを探して楽しむんですね。

最近日本でも、イースターの時期になるとうさぎさんや卵の絵が描かれたお菓子やチョコレートが店頭に並ぶようになりました。

どれも可愛くて、目移りしちゃうものばかりですね!

そこで、「これは買い!」と言うイースター限定のお菓子をご紹介します。

「モロゾフ」のチーズケーキ

毎年イースターになると、チーズケーキで有名なモロゾフで、うさぎさんをあしらったチーズケーキを販売します。

定番のベイクドチーズケーキの上に、シュガーパウダーでうさぎさんの絵が描かれていて、ナイフを入れるのがちょっとためらわれてしまいますね(笑)

「ロイズ」のチョコレートハントセット

北海道の有名な洋菓子店の「ロイズ」でも、近年イースターにちなんだお菓子が限定で販売されるようになりました。

なかでも、「チョコレートハントセット」はおススメ!

引用URL:https://www.royce.com/

チョコレートの美味しさは言うまでもないのですが、イースターエッグを自分で作れるシールなどがセットされているなど、イースターが丸ごと楽しめちゃいます。

「リンツ」のイースターバニー

やはり、イースターと言えばヨーロッパの老舗チョコレートメーカーのリンツは外せません。

毎年、イースターの時期とホワイトデーの時期が若干かぶるためか、ホワイトデーを目論んだ?商品が店頭に賑わいます。

中でも、イースターバニーがデザインされたチョコレートは、人気商品の一つでしょうね。

ぬいぐるみ欲しさに、ついついチョコレートを買いすぎてしまいます…

他にも、イースター限定のお菓子を打っているブランドは最近多くなっています。

あまり馴染みのなかったイースターも、少しずつ日本にも定着しつつあるんですね。

今年はうさぎさんのチョコレートで、是非イースターのを楽しんでみてください!

この記事の執筆者

ゆうこ
うさぎさんと暮らし始めて15年。
いつの間にかうさぎさんどっぷりの生活になってしまいました。
色々な角度からうさぎさんに関する情報を発信します。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする