泥パックを使ってうるおいを閉じ込め、美容成分でキメ細かい美肌へ!

最近流行りの泥パックをご存知でしょうか?

たくさんのスキンケア商品があるように、パックにも様々な種類があります。

その中でも今回は泥パックをご紹介します。

泥パックとは?

少し前から流行の泥パックをご存知ですか?

シートタイプのパックは昔から馴染みはありますが、泥パックはあまり浸透がありません。

今回は、泥パックのみを的に絞ってご紹介していきます!

まず、泥パックってなに?という方。

その名の通り、泥を使用したパックなんです

そして、なんといっても泥パックの最大の魅力は、不要な汚れや皮脂を吸着し一緒に洗い流してくれることにあります。

古い角質をごっそりと一緒に洗い流し、その後の化粧水や美容液、乳液などの浸透力がアップし、美肌効果があるとされています。

泥パックの種類

泥パックといっても、種類は一つではありません。

一見、「泥」と聞くとドロドロしたペースト状の物のみを想像してしまうと思いますが、他にも【粉末タイプ】や【固形タイプ】の泥パックもありますのでチェックしてみてください。

泥の種類

パックの種類だけではなく、泥にも様々な種類が存在します。

海泥(かいでい)

海泥とは、海の底、海底から採られる泥のことです。

自然のミネラルがたっぷり含まれており、泥そのものに無数に存在する穴が汚れをしっかりと吸い取り、毛穴の汚れやくすみなどを取り除いてくれる効果が期待できます。

ガスール

モロッコから採取される山から発掘された粘土です。

こちらもカルシウムやマグネシウムなどのミネラルが豊富に入っており、肌のキメや明るさを引き出してくれます

ホワイトクレイ

ホワイトクレイは、白泥とも呼ばれるほどの真っ白な泥です。

赤ちゃんなどによく使われるベビーパウダーなどにも使用されている「カオリン」という成分が入っており、とってもお肌に優しい泥です。

泥パックに含まれる成分や効果

では、どういった成分が泥パックに含まれているか簡単にご説明します。

美容成分としてのミネラルがたっぷり入っていることが特徴です

ミネラルとはケイ素カルシウムアルミニウムマグネシウムなどが含まれています。

そして、なんといっても自然が作ってくれる天然素材の鉱物ということもなによりの美容成分です。

泥パックをすることによって様々な効果が期待されるといわれています。

先程少し書いたように不要な汚れや皮脂を取り除くことだけではなく、肌のターンオーバーを促進しくすみを改善できる、汚れをしっかりと落とすことによってニキビ予防にもなるなども挙げられています。

他にも、紫外線が強い夏の季節。

日焼けをしてしまった後のアフターケアとしてもおすすめできます。

鎮静作用があるため。紫外線でジリジリと焼かれた肌を静め、ターンオーバーを促すことにより白く見せることも可能です。

人気の泥パックをご紹介!

和肌美泉(わはだびせん)というメーカーをご存知でしょうか?

この和肌美泉さんは、泥パックを数種類製造し、生産しています。

その中でも私が実際に使ってみたことのある3種類をご紹介いたします。

洗い流す泥パック あま酒

京都産酒粕エキスを配合し、しっとりと透明感のある肌へ導いてくれる泥パックです。

カオリンとベントナイトというクレイ(泥)が毛穴の汚れをしっかり吸着して落としてくれます。

その特徴を活かし、お肌のくすみが気になる方におすすめのアイテムです。

プラセンタやヒアルロン酸などの美容成分もたっぷりと配合されていることもおすすめポイントのひとつです。

洗い流す泥パック ハトムギ

北海道産ハトムギ種子エキスを配合し、お肌に潤いを与え、もっちりとした弾力のある肌へ導いてくれる泥パックです。

こちらもカオリンとベントナイトというクレイが毛穴の汚れを落としてくれます。

肌荒れが気になる方や、乾燥肌の方におすすめできる泥パックです。

洗い流す泥パック ヨモギ

天然ヨモギ葉エキスを配合し、肌荒れやニキビを防ぎ、ハリのあるすべすべのお肌に導いてくれる泥パックです。

こちらも他と同様で、カオリンとベントナイトというクレイが毛穴の汚れをしっかりと落としてくれます。

この3種類の和肌美泉の泥パックは、180gで1200円程度です。

自分に合った種類の泥パックを選んで、一度試してみてください。

この記事の執筆者

mizuki
美容やコスメ、ダイエットなどを
メインに執筆しております。
ご参考になると嬉しいです♪

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする