コンシーラーで気になる箇所をカバー。コスパ最強アイテムをご紹介!

ニキビやニキビ跡の赤みが気になる、寝不足が続いて目の下のクマが気になる。

そういった部分的な悩みは、コンシーラーでカバーしちゃいましょう!

コンシーラーとは?

コンシーラーとは、ファンデーションでは隠しきれないニキビやニキビ跡、毛穴やくすみ、目の下のクマなどを隠す際に使用する化粧品の事です。

部分ファンデーション」と呼ばれたりもします。

コンシーラーにもタイプがあり、

リキッドタイプ

クリームタイプ

ペンシルタイプ

と、様々です。

隠したいコンプレックス部分を見極めて、何がどのタイプのコンシーラーと相性が良いのかなどを気にしてコンシーラーを選んでみるといいかもしれません

簡単に3種類のタイプ別の特徴をご紹介していきます。

・リキッドタイプ

リキッドタイプは、ファンデーションなどにもあるように液体状のコンシーラーです。

液状ですので、伸びも良く自然なツヤ感も出しやすいのでツヤ感重視の方はリキッドタイプのコンシーラーの使用をおすすめします。

また、いつも使っているファンデーションがリキッドタイプのものでしたら相性も良いので、リキッド×リキッドで合した方がより馴染みやすいのでおすすめです。

・クリームタイプ

クリームタイプは、テクスチャーが固めですのでしっかりとカバーしたい気になる部分がある人におすすめです。

クリームタイプだと落ちにくいことがメリットですので、化粧崩れが気になる方や、あまり時間がなくちょこちょこと化粧直しができない方などはクリームタイプで初めからクリームタイプのコンシーラーできっちり隠しておけるので良いです。

濃いめのシミやニキビ跡を隠したい人向けです。

・ペンシルタイプ

ペンシルタイプとはその名の通り、鉛筆のようなタイプのものです。

細い傷や細かいそばかすやシミなどに、ちょんちょんと塗ったりして調整したりするのにおすすめです。

鉛筆と同じように持てるので、初心者の方が使うにもとても使いやすいと思います

ポーチに入れておくサイズにも丁度いいので持ち歩くことも邪魔なく、化粧直しの際にも使えます。

コンシーラーとコントロールカラーの違い

コンシーラーとコントロールカラーの違いについてです。

コンシーラーは、部分的な気になる所を隠すために使う化粧です

ニキビやニキビ跡、シミや目の下のクマ、くすみなどを隠すときに最適の部分用化粧品がコンシーラーということになります。

コントロールカラーは、顔色の調整をしてお肌の悩みを下地からコントロールしてくれる化粧品です

コントロールカラーを使わなくても、ファンデーションやコンシーラーでカバーできますが、より透明感や血色の良い理想の色味に近づけるためにはコントロールカラーを使うこともおすすめです。

プチプラのコスパ最強コンシーラーを紹介!

最後に、おすすめするプチプラコンシーラーをご紹介いたします。

ぜひ、参考にしてみてください。

セザンヌ ストレッチコンシーラー 648円

プチプラコスメの王道、セザンヌのストレッチコンシーラーです

価格は、648円と1000円以下で手に入るプチプラのコンシーラーです。

色は、ライト系・ナチュラル系・オレンジ系(取扱い店舗限定)と3色展開されています。

ウォータープルーフなので、水や汗に強く、カバー力が持続してくれます。

キャンメイク カバー&ストレッチコンシーラーUV 842円

こちらもプチプラコスメの王道、ャンメイクのカバー&ストレッチコンシーラーUVです。

価格は、842円でこちらも1000円以下で買える低価格のコンシーラーです。

色は、こちらも3色展開で、ライトベージュ・ナチュラルベージュ・ライトグリーンとなっております。

ライトグリーンは、どちらかというとコントロールカラー寄りの色味で、赤みのあるニキビやニキビ跡、小鼻の赤みなど、赤みが目立つところに使用することをおすすめします。

メイベリン フィットミーコンシーラー 1080円

次にご紹介するのがメイベリンのフィットミーコンシーラーです。

価格は、1080円で上記2つと違って1000円以上しますがそれでもまだお安く手に入る万能なコンシーラーです。

色は5色展開で、10/15/20/25/35と数字で表されています。

10→35になるにつれて、色がどんどん濃くなっていきますので、店頭やサイトで色味を確認し、購入してみてください。

the SAEM チップコンシーラー 780円

最後にご紹介するのが、the SAEMのチップコンシーラーです。

価格は、780円と1000円以下で買えるこちらもプチプラアイテムとなっております。

口コミや評判もとても良く、愛用している方もたくさんおられます。

色は、ライトベージュ・ナチュラルベージュ・リッチベージュの3色展開です。

この記事の執筆者

mizuki
美容やコスメ、ダイエットなどを
メインに執筆しております。
ご参考になると嬉しいです♪

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする