ファンデーションにも様々な種類がある!液体やパウダーを徹底分析!

メイクは興味あるけど、種類がありすぎて何が何だかわからない。

そんな方に今回は、ファンデーションに注目し、様々な種類を紹介します!

ファンデーションの種類

ファンデーションには大きく分けて、【2種類】に分けられます。

リキッド(液体)ファンデーション

パウダーファンデーション

上記の2種類です。

使う人の好みにもよりますが、自分の肌がどちらのタイプのファンデーションと相性が良いのかを見極めて使うことにより、ファンデーションの持ちや密着度、透明感を引き出してくれる大きな味方になります。

この2種類のファンデーションの違いをよく理解し、自分に相性の良いファンデーションを見つけていただけたらと思います

リキッドとパウダーのメリット・デメリット

まずは、リキッドファンデーションとパウダーファンデーションのメリットとデメリットをご紹介します。

この段階でなんとなく、「あっこっちの方が私には合ってるかも?」と思って頂けるかと思います。

リキッドファンデーションのメリット・デメリット

リキッドとは、いわゆる液体タイプのファンデーションです。

液体タイプなので肌に馴染みやすく、伸びもとても良いです

カバー力もパウダーファンデーションに比べて高いので、コンシーラーで隠したい部分的な悩み、ニキビやニキビ跡、シミ、くすみなどがある場合はリキッドファンデーションを使ってみることをおすすめします。

肌に適量のリキッドファンデーションを置いて、メイク用スポンジでポンポンと広げながら、馴染ませていきます。

気になる小鼻などにはあまりつけずに、スポンジに付いているリキッドファンデーションを使って、徐々にファンデーションを叩き込んでいくことがおすすめです

あまり塗りすぎると厚塗り感が出てしまうので、塗りすぎはリキッドファンデーションのデメリットといえると思います。

適量の使用で透明感やナチュラル感を出せるので、分量に注意しながら使用してみてください。

パウダーファンデーションのメリット・デメリット

パウダーファンデーションは、粉末状のファンデーションです。

リキッドファンデーションとは違って、パウダーファンデーションには付属品としてパフが付いていることが基本的に多いです。

付属品のパフを使用することでも大丈夫ですが、愛用しているブランドのパフが好みという方は違うパフを使用しても特に問題はありません。

パウダーファンデーションは、厚塗り感が少なく、ナチュラルメイクに見えやすいような自然な仕上がりを作り上げてくれます。

あまり濃いメイクは好きじゃないという方は、パウダーファンデーションをサラッと塗り上げることによって、「メイクはナチュラルだけど、きっちりとメイクはしてますよ」と上品な仕上がりになるかと思います。

逆に、カバー力は弱いので気になるニキビやニキビ跡、クマなどが目立つ人には向かないので、カバー力が低めなところがパウダーファンデーションのデメリットです。

それでもパウダーファンデーションを使用したい!という方は、コンシーラーやコントロールカラーでベースを仕上げることによって、パウダーファンデーションのメリットを発揮できると思います。

肌質に合ったファンデーションの選び方

ファンデーションの種類の好みで、選ぶことも決して間違いではありませんが、自分の肌に合ったファンデーションを使うことも間違いではありません。

今の自分の肌のコンディションに合わせてあげることで、お肌へ優しいメイクを作り上げることにもつながります。

【脂性肌】

脂性肌(オイリー肌)の方は、油分をこれ以上肌に乗っけない!という考え方をした方が良いと思います。

なので、油分が多く含まれているリキッドファンデーションの使用は控えるべきだと考えられます。

ですので、油分の少ないパウダーファンデーション、もしくはミネラルファンデーションというタイプのファンデーションも存在しますのでどちらかのタイプを選んで使用してみることをおすすめします。

【乾燥肌】

乾燥肌の方は、単純にお肌への水分が十分にないため、乾燥していることが原因です。

乾燥肌への大事なアプローチはまず、『保湿』です。

保湿成分が高いものやミネラルの入っているパウダーファンデーションの使用をおすすめします。

ですが、乾燥しているということもありますので、リキッドファンデーションの使用が不正解というわけでもありませんので、乾燥肌の方は自分の肌のコンディションに合わせて、ファンデーションのタイプを選んでも良いかもしれません

【ニキビや肌荒れ中】

現在、お肌が荒れている方は、ファンデーションを塗ることによってお肌への負担はとても大きいです。

出来るだけ厚塗りしないことを大前提にしてください。

ニキビと油分はとても親密な関係ですので、選ぶファンデーションは極力油分の少ないファンデーションを選ぶことをおすすめします。

最後に、ファンデーションを塗るという行為は、「毛穴を塞いでしまう」ということになります。

必ず寝る前にはしっかりとクレンジングや洗顔などで綺麗に落とし、スキンケアをしてから眠るようにしてください

この記事の執筆者

mizuki
美容やコスメ、ダイエットなどを
メインに執筆しております。
ご参考になると嬉しいです♪

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする