着物の着崩れたら生地を脇へ!着ていて分かった着崩れ対策

着物の着崩れの原因が、着物を前で合わせようとする行為だと気が付きました!

どうしても着物を直すときに襟を見て生地を前に持ってきがちだと思います。

そこが違っていたかも!と気が付きましたのでお伝えします。

着物の襟元が崩れたら生地は脇へ

着物が浮いてきたなあとか、半襟が見えなくなっていると気が付づいたら、帯と着物の間に指や左右手のひらを少し入れ、体の側面に馴染ますように左右脇に伸ばします

正面胸に沿って着物の生地が浮かずに馴染むようにします

そうすると、前に寄っていた生地に張りが戻ります

ブラウスやジャケットなど洋装は前開きで、ボタンなどで留めます。

その癖があるので和装時も襟周りが乱れると前に生地を持ってきて合わせなおそうとします。

ですが、着物を着る時は余った生地は脇に持ってくるというのが定石です。

慣れていない時は中心だけでなんとかしようと、生地を襟元付近だけ触ってしまい、脇を見逃しがちになっていました.

着物の着崩れ防止の確認をしよう

着物の襟もとがどうして崩れるか考えると、体を動かすことで着物も少しずつズレて行きます。

体にフィットした着方でないと浮いたところが着崩れの原因になります。

帯を巻く前に着物を体にフィットさせておく必要があります。

着物を着つける時の確認と手順

着物を着る際、確認をきちんと行うことで着崩れ防止はできます。
鏡の前で確認してみましょう。

・着物を着る時、伊達締めを巻いた際、着物が体に沿って生地が浮いていないか確認します。

伊達締めと着物生地の間に手を入れて左右に生地を体に馴染ますように広げます。

生地を広げる動作は、前側は体中心を軸に手や指を入れます

背部は伊達締めの下側から両親指を入れて両サイドへ押し広げるように動かします

着物を着た状態で片腕を上げ、背中側からの生地を挙げてない手で脇の下から引っ張り、もう一度前側の生地を脇へ送ります。

・左右同じ動作を行います。

背中側の生地を引く際は背中の中心線が背骨の位置とズレない様に力加減に注意します

・帯を巻いた後もまた脇へ布を送る動作をして胸周りと背中の生地は張るよう心がけます。

・脇の余った生地はしっかり帯に押し込みます。


脇にシワが集中し、背中心にシワが無いときれいです

この動作を行うことで、手を動かした際に脇の開いたところ(身八口)から肌が見えなくなるので一石二鳥なのです。


生地を張ることで着物の柄や生地の光沢をきちんと見せるここができ

きれいな着付けをアピールできます。

着物を着る前に襦袢の確認

着物の着崩れを確認するときに襟元が一番気になるところだと思います。

襟元を奇麗に見せるには、着物のほか襦袢の着こなしも気を付けるところです。

襦袢から出る半襟の良し悪しでイメージが変わってきます。

また襦袢がきちんと着られていないとその上に着る着物がきちんと形になりません。

・襦袢をきちんと肩に乗せよう

最初に襦袢の確認です。

襦袢を着る時に襟の位置を決めます。

襟の交差は体の中心になるようにします。

襦袢の背部は、襟芯の入った襟が肩に乗るように着ます。

襦袢の伊達締めを巻く際に着物同様体に沿った生地になるように手で整えます。

襟抜きがきちんとされているか、鏡でチェックしましょう。

・襦袢が着物の土台になる

襦袢は着物の土台なので生地が動かないようにします。

和装ブラジャーやタオルなどの補装具を用いて生地が浮く要因を無くしてゆきます

・襦袢の力布って?

襦袢によっては背中心の所に半襟の下から細長い布が垂れているものがあります。

力布と言って、着ているうちに詰まった襟抜きを直すものです。

腰紐・伊達締めを巻く際に力布挟み入れて留めます

力布の真ん中にある穴に腰ひもを入れ一緒に固定させます。

襟の調整が必要な時に、着物をたくし上げ、後ろに手を回し、伊達締めから下がっている力布

を下へ引くと詰まった襟抜きが下がり、張りを戻します。

とても便利で、力布がついていない襦袢に手縫いで付けることも可能です。

ですが力布がない襦袢もあります。

力布のない襦袢の衣文の抜き方

両襟を前で揃え一方の手で持ち固定します。

もう一方の手で背縫い(背中心)を持って下に引きます

こぶし1個分が入るくらいに衣文を抜いてください

着物を着た後の直し方は、着物をまくります。

襦袢の上から骨盤の上あたりを左右に手を当て、同じ力で下に引っ張りましょう。

均等に引くことで着崩れず襟抜きが出来ます

真ん中だけ引いてしまうとかえって襦袢が着崩れてしまうので注意してください。

着物の着崩れ防止のおさらい(まとめ)

・着崩れは体を動かすことで起こる

・体にフィットしていない着物では特に着崩れしやすい。

・和装ブラジャーやタオルなどの補装具で体のラインを整える

・襦袢も着物も生地は体に合わせ、脇に寄せて帯に仕舞う。

脇に生地を仕舞うことで胸部・背部に張りを作る

襟は肩に乗せ、体の中心に襟の交差部が来るようにする。

襟抜きは、襟が詰まったら着物の下から均等な力で左右一緒に下へ引く。

・中央だけ引いても着崩れの原因になってしまう。

力布を用いて着物の整えを楽にすることもできる。

・着物の真ん中にシワが出来ていないか確認をする。

この記事の執筆者

名前:なちゅめ

着物の話はなくなったかとおもったら、まだでてきてじぶんでもびっくり。

生地を脇に寄せる話は本当に本当に体験話です。

是非に確認してみてくださいね!!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする